【これまでの研究会】

〇第1回 「今後の研究計画について」(2020年10月9日)

〇第2回 「今後の研究計画について」「ワーキンググループの研究計画について」(2020年11月21日)

○第3回 「大学における教員養成の再構築に向けて:日本教育大学協会・学部教員養成教育の到達目標検討プロジェクト(論点整理)2009年3月を読み直す」(2021年1月23日)
話題提供者:岩田康之(東京学芸大学)・コーディネーター: 勝野正章(東京大学):会員公開

〇第4回 「大学における教員養成の再構築に向けて:日本学術会議「参照基準(教育学分野)」を手がかりに」(2021年3月13日)
話題提供者:浜田博文(筑波大学)・コーディネーター: 岩田康之(東京学芸大学)


〇第5回 「近年の教員養成政策の背景を考える:「令和の日本型学校改革」を軸に」(2021年5月15日)
話題提供者:三石初雄(東京学芸大学名誉教授)・コーディネーター:岩田康之(東京学芸大学)



〇第6回 「教員養成・採用・研修に係る政策動向と展望」(2021年7月17日)
 話題提供者:本図愛実(宮城教育大学)、尾白泰次(兵庫教育大学)/コーディネーター:勝野正章(東京大学)



〇第7回 「今後の教師教育のグランドデザインを考えるための論点整理と展望(修正版)」「日本の教員養成政策の展開を振り返る-「グランドデザイン」検討の前提的課題と論点-」2021年8月29日)
話題提供者:牛渡淳(仙台白百合女子大学)・岩田康之(東京学芸大学)

教師教育学会第31回研究大会シンポジウム「日本の大学における教員養成と教育学-多様な「場」をつなぐ論理を探る」(2021年10月3日)
コーディネータ:鹿毛雅治(慶應義塾大学)、勝野正章(東京大学)
報告者:岩田康之(東京学芸大学)/高旗浩志(岡山大学)/中嶋(高津)みさき(女子栄養大学)/坂井俊樹(開智国際大学)


〇第8回 「グランドデザイン作成に向けた今後の調査研究のあり方について」2021年11月20日)
話題提供者:牛渡淳(仙台白百合女子大学)

〇第9回 「教師の専門的能力―「教師の力量」とは何かを問う」(2022年3月19日:公開研究会)
話題提供:鹿毛雅治(慶應義塾大学)『教師の専門的能力とその形成ー心理学の観点から』/木村優(福井大学)『「教師のコンピテンシー」をめぐって』/指定討論:北田佳子(埼玉大学)



〇第10回 「教員養成の「実践性」と「高度化」を考える:タイの事例を手がかりに」(2022年8月6日:公開研究会)
話題提供:牧 貴愛(広島大学)/コーディネーター:岩田康之(東京学芸大学)




教師教育学会第32回研究大会シンポジウム 「大学における教職課程の「グランドデザイン」を描く」(2022年9月18日)
報告者:鹿毛雅治(慶應義塾大学)/岩田康之(東京学芸大学)/勝野正章(東京大学)
指定討論:松下佳代(京都大学)/高野和子(明治大学)